メディチェック画像診断センターMIC

アミノインデックス(がんリスクスクリーニング)

アミノインデックスとは?

アミノインデックスとは、血液中の各種アミノ酸濃度から、健康状態や疾病の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。がんであるリスクを評価するのが、アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex cancer Screening = AICS)です。

AICSの特徴

1.血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。
2.一度の採血で、複数のがんを同時に検査できます。
3.早期がんにも対応した検査です。
4.採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

検査項目・料金

検査の対象となるがん種は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)です。

  対象となるがん種 料金
男性 AICS [5種] 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、膵臓がん 27,000円(税込)
女性 AICS [6種] 胃がん、肺がん、大腸がん、
乳がん、子宮がん・卵巣がん(※)、膵臓がん
27,000円(税込)

※子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

がんリスクについて

AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。また、AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0〜4.9 5.0〜7.9 8.0〜10.0
がんであるリスク 低い   高い
胃がん 1/3,200【0.3倍】 1/625【1.6倍】 1/98【10.2倍】
肺がん 1/2,963【0.3倍】 1/536【1.9倍】 1/111【9.0倍】
大腸がん 1/2,000【0.5倍】 1/789【1.3倍】 1/122【8.2倍】
前立腺がん 1/2,222【0.5倍】 1/469【2.1倍】 1/156【6.4倍】
乳がん 1/1,509【0.7倍】 1/556【1.8倍】 1/250【4.0倍】
子宮がん・卵巣がん 1/4,000【0.3倍】 1/682【1.5倍】 1/86【11.6倍】

【  】:一般の方ががんであるリスクを1とした場合の、がんであるリスクの倍率

一般の方ががんである確率は、統計的に約1/1,000(1,000人に1人)といわれています。AICSにおける、ランク別の、がんであるおおよその確率は上表の通りです。
例えば、胃がんにおいて「ランクA」となった場合、がんである確率は1/3,200となり、同じ「ランクA」となった3,200人中の1人の確率でがんである可能性を示します。「ランクB」では、1/625、「ランクC」では1/98となり、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の順でがんである確率が高くなることを示します。
また、一般の方ががんであるリスクを1とした場合、胃がんにおける「ランクB」は1.6倍、「ランクC」では10.2倍のリスクがあるといえます。(【  】内の数値)。

AICS受診前の注意

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える恐れがありますので、受診前に下記の注意事項をお守りください。
・検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診してください。
・アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事と同様にお控えください。
・検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

AICSについてよくある質問

Q1:AICSを受ければ、他のがん検診は受けなくても大丈夫ですか?
A1:検査にはそれぞれに長所と短所があり、補いあって使用されています。AICSは今までのがん検診とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を見つけ出す方法で、併用することでがんを見つけ出せる可能性は高くなります。
その他の検診項目も受けるかどうかは医師とご相談ください。

Q2:いっしょに他のがんも見つけられないのですか?
A2:今回のがん以外のがん種に関しては、現在も研究が続いています。また、他の疾患に関しても研究が行われています。

Q3:検査前にすでに症状があった場合には、どうしたらいいですか。
A3:検診は、症状のない方のための検査です。明らかな症状のある方には、それぞれの体の状態に応じた適切な検査や治療が必要になります。症状のある場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

Q4:AICSはどういう人が対象となる検査ですか?
A4:AICSは胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんは25歳〜90歳、前立腺がんは40歳〜90歳、子宮がん・卵巣がんは20歳〜80歳の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。